BTOor自作、どちらがお得?

ゲームPCを安く購入するには、少し前までは自作、つまりパーツを選んで自分で組み立てる、という方法が一番と思っている人も多いかもしれません。
確かにメーカーパソコンと比較すると、余計なソフトや必要の無いパーツなど、要らないものにお金をかけるなら、本当に必要なソフトやパーツのみで構成した方が、当然価格もかなり安くなります。
ただ、PCを自作するにはそれなりの知識が必要ですし、故障した際の保証もなく(パーツに保証がついている場合は別ですが)、何より組み立ての作業も簡単ではありません。
もちろん、そういった過程が自作PCの醍醐味とも言えるのですが。
とはいえ、やはり自作PCはスキルの高い人やPCの組み立てが好き、という人以外にはハードルが高く、なかなか行えるものではないかもしれません。

そんな中、近年登場したのがBTOという方法です。大手メーカーだとDELLなどが有名ですね。最低限のスペックの商品を基本に、パーツごとにカスタマイズの有無を選択、注文すると、その通りに構築されたPCが届く、というものです。
いくらカスタマイズ、って言っても、基本の時点でOSが決まっていたり、カスタマイズできる箇所はそんなに多くないのでは?と思われがちですが、最近では更にカスタマイズ度が高くなっており、OSから自分で選べるものもあります。
つまり、自分で組み立てないだけで、自作PCと殆ど変わりがないのです。

BTOor自作、コストパフォーマンスがいいのは?

BTOパソコンと自作パソコン、同等のスペックのPCで比較した場合、どちらがコストパフォーマンスが良いのでしょうか?
これは、試しに自分でパーツを全部揃えた時の価格と、BTOで販売しているものを比較してもらえると分かると思いますが、実際には殆ど変わりません。多少自作の方が安くなるかもしれませんが、自分で組み立てること、また後々の保証やサポートなどを考えると、コストパフォーマンスという点では、やはりBTOに軍配が上がるでしょう。

また、自作PCはパーツを購入してから、それが届くまで、その後の組み立て、など実際に利用できるまでにどうしても時間と手間がかかります。BTOの場合は届いた時点で完成品なわけですから、その点を気にする事も無く、すぐに目的のゲームを楽しめるわけです。
なので、やはり総合的に考えても、パソコンを組み立てる事自体を楽しみとしている人以外は、断然BTOパソコンをオススメします。

BTOのゲームPCならココ!

BTO通販で有名ドスパラには、ゲームパソコンブランド「ガレリア」というものがあります。とにかくコスパを考えたらガレリアを選べば安心、と言われるほど人気が高く、価格帯も5万円台から超ハイスペックな高額のものまで幅広く取り揃えています。最新ゲームはメモリを大量に使うものが多いので、メモリを多めに搭載しているシリーズと液晶モニタがセットになっている商品がイチオシ。

自作用のパーツが充実しているのはココ!

パソコン工房 全国に多くの店舗を持つショップならでは、コストパフォーマンスに優れた激安モデルから、性能重視のハイスペックモデルまでとにかくラインナップが多いので、目標のスペックや予算と照らし合わせながら、じっくりと選ぶ事ができるのが特徴。また、故障時等に近くの実店舗でサポートが受けられるのも◎。