« 公売 | メイン | 延滞金・延滞税の減免 »

公租公課

公租は一般的には『税』、公課は一般的には『料』です。

大きな差はまず執行権が全く異なります。

強制力が大きいのが税です。
つまり公租です。

特に時効が5年です。

公課は健康保険料や社会保険料などがあります。

時効が3年で短いこと、公租に比べて執行しても競売等での配当が回ってくる可能性が少ないことがあります。

ですから現在、料を税にしてより徴収力を強化するようにと言われている。

ご存知の通り税務大学を出た税務職員と保険料徴収専門ではない保険料徴収は強制的な実行力が全くことなり今後、税務署への統合や協調が議論となっている。


公租公課別の滞納整理対策のトップへ戻る