« 公租公課 | メイン | 執行停止 »

延滞金・延滞税の減免

税法は基本的に地方税・国税ともに共通した理念のもとに制定されています。

そこで納付を遅延した人に対して延滞金・税を加えています。

ただし、病気や災害などに遭遇した場合は納付できなかった理由があったのですから減免できるようにしている。

これは申請主義で自ら申請しなければいけない。
そこで職員によっては申請を申し出るまで待っている場合があります。

そこでまず本来課税されていた税金を完納した時点で申し出るほうがいいでしょう。

公租公課別の滞納整理対策のトップへ戻る