« 延滞金・延滞税の減免 | メイン | 実録アパート投資 »

執行停止

公租公課は基本的にその滞納している本人が納付能力があるのかというのが一番の問題です。
そこで調査の上ないと思われた時点や本人が失踪して確認できない場合などがあります。

ただ、通常決済の関連上から本人確認や代理の弁護士に状況を聴取した時点で行うかすべての財産を調査して行うかということがあります。

税務署は調査を徹底して行って停止する傾向があります。
地方税は本人よりの事業聴取により停止する傾向があります。

これは税務署は全国展開しておりすべての情報を確保できることがあります。
ただ、地方自治体は担当地域周辺以外は遠方のための確認できないのです。

そこでこのような傾向があります。
ただ、いずれにしても本人や代理人が一度説明していないといけないので相談時にこの情報を知っているか知らないかは大きいと言えます。


公租公課別の滞納整理対策のトップへ戻る