« ほとんどタダ同然の電話加入権を差押する意味 | メイン | 保育料などの毎月の支払いができない場合 »

年金も差押の対象となるのか??

年金は立派な債権として税法に明記されています。

つまり、差押処分は可能です。

しかし、ここで問題点があります。
給料と同様ある一定の生活を営むための権利としてある一定額を差押対象が外として残すことができるようになっています。

年金も同様でこのような扱いになります。

特に多額な年金を収入としている場合は差押幅が大きいということです。

では、その対象外というのは数式で考えると面倒ですからどのような計算がされているのでしょうか。

基礎となる計算はほとんど同じですが問題が生活を一にしている家族や親類が何人同居しているかということです。

これで大きな隔たりがあります。

年金を差押処分をするのが血も涙もないような感じがしますがほとんどの場合は役所への相談をしない、怠慢、説明が曖昧であるということが上げられます。

結論としては誠意がないというのがある意味このような行為になっている場合があります。
それで怒っている人は敵視して自分の行為に責任を持っていないケースが多いと思います。



公租公課別の滞納整理対策のトップへ戻る

投稿者 ymlojpjp : 2004年12月19日 05:21

SEO対策
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 公租公課別の滞納整理対策
楽天ウェブサービスセンター