« 質問を必ずする | メイン | 滞納処分に対抗する法的なすべはない »

住民税や所得税は控除ができないか検討する

例えば退職時に年末調整を行う前に辞めた場合は保険料の控除や様々な控除を申告していない場合があります。

特に一年遅れでかかってくる住民税は気をつける必要があります。

前年中の収入に賦課されているので当然大きな収入があった場合はある程度の税金がかかってきます。

そこで考えないといけないのが減らすことができるかということです。

申告してない場合があります。

すると申告すると税務署には還付が発生して一部返金されてくる可能性があります。

一方、住民税は減りますから控除がないかを調べる必要があります。

調べ方は簡単です。

住民税担当に電話をして自分の住民税は控除されているかという一本です。

すると「控除は特にされていない」ということでしたら保険料などの控除を申告したい旨を伝えればいいわけです。

また、控除を入れたら税金がゼロになるケースもあります。

これは申告額が低いとこのような現象が起きることもあります。


公租公課別の滞納整理対策のトップへ戻る

投稿者 ymlojpjp : 2004年12月19日 06:32

SEO対策
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 公租公課別の滞納整理対策
楽天ウェブサービスセンター