« 逃げていればどうにかなると思っている? | メイン | 税務署は話を聞いてくれない?! »

東京都の動きが全国を変える

地方税はトップとして東京が大体事例を作っています。
理由は色々なケースが多いことと納税額が全くレベルが違うことが上げられます。
東京都は通常は大都市はほとんどが政令指定都市がやっている業務・都道府県がやっていうる業務をすべて網羅しているます。

区民税以外はほとんど網羅しているのですから最強の自治体です。

そこで現在東京都がやっている中でヤフーオークションを利用した公売あります。
これは差押処分を受けたものを売っているのですが今後このようなケースを国税庁なども追随する可能性があります。

その次に政令指定都市などのような大きな自治体が予想されます。

また、足立区などは消費者金融などのシステムを取り入れた形で滞納処分を行っています。
このような動きの広がりを見ると今までは車などは売っても意味がないということで滞納者のものを放置されてきました。 理由は保管料がかかるからです。

そして、売れるかどうか分からないというものもあります。
しかし、インターネットオークションは次の点で優位に働いています。

売主が公的機関であるので信用性があり高い値段でも安心して落札できる。
全国に売ることができる。

以上があります。

つまり、滞納処分はほんとうに余すことなく行っていく可能が今後広がったと思っていいでしょう。



公租公課別の滞納整理対策のトップへ戻る

投稿者 ymlojpjp : 2004年12月19日 04:14

SEO対策
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 公租公課別の滞納整理対策
楽天ウェブサービスセンター